異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップゴールデンウィークスペシャル

■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
2018年06月〜09月 
東京発着

“アナと雪の女王”の原案『雪の女王』の舞台
知られざるスバールバル諸島
セイウチのコロニー観察
(ノルウェー領)8日間

スカンジナビア航空利用

ここがポイント!

【さいはての島へ・・・ ☆スバールバル諸島(ノルウェー)】 

東京(成田空港)発着★スカンジナビア航空利用


さいはての島へ!
極北の島で自然を満喫。
一年のほとんどを氷と雪に閉ざされたノルウェー領の島々〜スバールバル諸島の主島であるスピッツベルゲン島を訪れます。
北極点へのツアーの基点として、そしてホッキョクグマやセイウチの観察ツアーの基地としても有名な島です。
古くは過酷な環境の中で、炭鉱労働者が働いていたこの島も、いまでは観光地として知名度が上がっています。
珍獣を追うコーナーのある、某・人気番組でも紹介されたばかり。
今回は、5泊して、極北の雰囲気と旅情をお楽しみ頂きます。(By 平原由美香)

もうひとつ、スピッツベルゲン島は、アニメ“アナと雪の女王”の原案となった、アンデルセンの童話『雪の女王』の舞台となったことで知られています。スピッツベルゲン島は、主人公の少年カイを連れ去った雪の女王の宮殿のある場所と位置づけられています。ヒロインのゲルダが、カイを連れ戻すための冒険が主題となっています。



スバールバル諸島とは・・・
北極圏はバレンツ海に浮かぶ極北の島々で、ノルウェーの領土。
但し、スバールバル条約により、ノルウェーの統治下に置かれながら、ノルウェーの法律は一部適用されず、条約の加盟国は平等にこの島で経済活動を行う権利を持つとされています。スバールバル条約の原加盟国には、日本も含まれています。
もうひとつ、このスバールバル諸島は非武装地帯と定められています。

1610年(日本では慶長15年=後陽成天皇の治世。徳川幕府将軍は徳川秀忠)に、オランダ人の探検家ウィレム・バレンツにより発見され、スピッツベルゲン(尖った山々)と命名されました。その後、歴史の表舞台から姿を消し、主に捕鯨に従事する人々が訪れるに過ぎなかったのです。
1871年(日本では旧暦の明治3年から太陽暦の明治4年に変わった年。参議・広沢真臣暗殺事件が起きる)に、ノルウェー/スウェーデン連合国が、スバールバル諸島の領有化を進めようとしましたが、北極海に面した領地をもたないスウェーデン単独では、領有を宣言することが困難でした。しかし、ノルウェーは、スバールバル諸島の領有化に消極的で、1905年のノルウェー独立の際、分離されたスウェーデンは、ノルウェーがスバールバル諸島を領有化することに反対しました。
紆余曲折あり、20世紀に石炭採掘がはじまると、それまで無人であったスバールバル諸島に人がすむようになり、1920年にはスバールバル条約が締結。ノルウェーの主権は認められたものの、法制度や、行政機構は、ノルウェー本土とは異なるという、独立自治体と位置づけられました。

  

  

  


<観光の見どころ>

ロングイェールビーン: 
スバールバル諸島およびヤンマイエン島の首府。かつて炭鉱の街ニーオーレスンへの
基地として栄えました。
町は谷あいに位置し、奥には氷河を有する峡谷があります。

セイウチ観察
スバールバル諸島最強の動物として、同諸島の生態系の頂点に位置するセイウチ。
勇猛果敢な動物として記録に残るセイウチも、ひなたぼっこの姿はとてもかわいい!

ウィルダネス・ディナー
スバールバル諸島の名物は二つ。ひとつはトナカイの料理です。野趣あふれる夕食の
あとは、もうひとつの名物であるコーヒーでしめましょう。思い出深いディナーです。

第7炭鉱
ロングイェールビーンから東に1マイル。第7炭鉱は、現在も稼働する炭鉱として、島の
経済を支えています。第7炭鉱ではバスを降りて、施設の外観を撮影できます。

第3炭鉱
スバールバル諸島の経済を支える炭鉱です。第3炭鉱では、実際に坑道のようすや、
採掘のようすを見ることができます。スバールバル諸島の人気ツアーのひとつです。

ピラミーデン
かつてソビエト連邦が炭鉱の町として開発したピラミーデンも、冷戦終結でお役御免。
現在では無機質なソ連時代の街並が、そのままそっくりゴーストタウンになっています。




<延泊でできるアクティビティ>
氷河展望ハイキング(終日)
ニュービィエンの集落をスタート地点に、終日10kmのハイキングは始まります。
風光明美な氷河の展望を楽しみながらの中級トレッキング・ツアーです。ラルス氷河を渡り、最終目的地のトロールスタイネン(トロール山)を目指します。約7時間のトレッキングですが、移り変わる山の景色や、氷河渡りなど、歩く人を飽きさせない自然が織りなす絵画のような風景は、きっと思い出深い行程となることでしょう。


犬ぞりならぬ、犬大八車体験

時折テレビなどで紹介されるスバールバル諸島。映像の中で、犬ぞりが活躍するシーンをご覧になった方もおられるのでは。夏は雪と氷に変わって、茶色の大地が出現します。その大地では、犬ぞりに代わって、犬が牽引する大八車が大活躍!!時は夏、我々も犬ぞりならぬ犬大八車に乗って、スピッツベルゲンの大地を走りましょう。極北の短い夏でしか体験できない犬大八車はきっと思い出になるはず。コース内容はお問合せ下さい。


化石採掘体験
スピッツベルゲン島は化石の宝庫だということをご存じですか?約1億5千万年前に生息していた生き物の化石を探しに行くツアーです。このツアーでは、ロングイェールビーン郊外にあるロングイェール氷河周辺を訪れ、「トレージャー・ハント化石採掘体験プログラム」に参加し、化石を採掘します。汚れてもよい服装、手袋、丈夫な化石を入れる袋、小型の槌または小型ハンマーがあると便利です。


楽しみいっぱいのスバールバル諸島(ノルウェー領)の旅です。
化石採掘やハイキング、ボートツアー、観光、犬大八車体験と、楽しいアクティビティ満載。
延泊も可能ですので、お問い合わせ下さい。



============================================================================

====================================
東京/成田空港発着 スカンジナビア航空利用
====================================
<01日目>  月  日(土)
■行程: 成田空港⇒コペンハーゲン⇒オスロ
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: スカンジナビア航空で空路、コペンハーゲンへ。
 SK−984 成田空港    11:10⇒コペンハーゲン 15:30
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関〜受託荷物再登載〜安全検査
※移動: スカンジナビア航空で空路、ノルウェーの首都オスロへ。 
 SK1468 コペンハーゲン 17:05⇒オスロ     18:15
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 送迎車で空港からホテルにご案内致します。
*宿泊: 下記のホテルの中からお選び頂きます。
    パークイン・バイ・ラディソン・オスロ・エアポート・ガーデモエン
    ベストウエスタン・カール・ヨハン・ホテル
    グランド・ホテル・オスロ(5★)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>  月  日(日)
■行程: オスロ⇒スピッツベルゲン(スバールバル諸島)
*朝食: ホテル
*送迎: 送迎車でホテルから空港にご案内致します。
※移動: スカンジナビア航空で空路、スピッツベルゲンへ。
 SK4414 オスロ     10:00⇒スピッツベルゲン14:05
*送迎: 
有料シャトル送迎車で空港からホテルにご案内致します。【現地払い】
*散策: 午後、ロングイェールビーンの町の散策にご案内致します。
*夕食: ウィルダネス・ディナー
 ★
ウィルダネス・ディナー
  スバールバル諸島名物のトナカイ料理や、スバールバル諸島の産物のひとつ
  ローカル・コーヒーをご堪能頂きます。
*宿泊: ホテル または ツーリスト旅館
     ベースキャンプ・ファングストマンス・ホテレット
     コール・マイナーズ・キャビンズ
     ゲストハウス 102
     ラディソン・ブリュー・ポーラー・ホテル・スピッツベルゲン
     ルスキー・ドム・ホステル
     スピッツベルゲン・ホテル(史跡旅館)
     スバールバル・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>  月  日(月)
■行程: スピッツベルゲン(スバールバル諸島)
*朝食: ホテル
*観察: セイウチ観察ツアー(08:00−15:00/09:00−16:00)
 ★
セイウチのコロニー: 
  ボートに乗って、セイウチのコロニーに接近し、群れをなすセイウチを観察します。
  氷上または海岸線でのんびり日光浴したり、オス同士でけんかをしたりしています。
  襲われればホッキョクグマすら撃退する勇猛果敢なセイウチも、存外かわいい顔を
  しています。口髭、セイウチの象徴であるキバ、鰭のような脚などを見てみましょう。
 ・・08:00または09:00にホテルを出発(現地で出発時刻をご確認下さい)します。
 ・・ホテルへの帰着は7時間後となります。ツアーにはお弁当(BOX)が含まれます。
 ・・服装のヒント: ウール靴下、ウールのインナー、フリース、防風仕様のズボン、耳当て
  衣類の貸出はありません。必ず、ご自身でご用意下さい。
*昼食: ツアーに含まれます
*観光: 午後、ロングイェールビーンと7号炭鉱を観光します(16:00−18:00)。
 ★
ロングイェールビーン
  スバールバル諸島およびヤンマイエン島の首府ロングイェールビーンをガイドの
  案内でバスで観光します。
  ロングイェールビーンは谷あいの町で、街の奥に氷河を有する峡谷があります。
 ★7号炭鉱
  ロングイェールビーンの東1マイルの地点に位置する炭鉱で、年間6万トンの石炭を
  産出します。7号炭鉱の施設でフォト・ストップ(撮影ストップ)があります。
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル または ツーリスト旅館
     ベースキャンプ・ファングストマンス・ホテレット
     コール・マイナーズ・キャビンズ
     ゲストハウス 102
     ラディソン・ブリュー・ポーラー・ホテル・スピッツベルゲン
     ルスキー・ドム・ホステル
     スピッツベルゲン・ホテル(史跡旅館)
     スバールバル・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>  月  日(火)
■行程: スピッツベルゲン(スバールバル諸島)
*朝食: ホテル
*観察: セイウチ観察ツアー(08:00−15:00/09:00−16:00)
 ★
セイウチのコロニー: 
  ボートに乗って、セイウチのコロニーに接近し、群れをなすセイウチを観察します。
  氷上または海岸線でのんびり日光浴したり、オス同士でけんかをしたりしています。
  襲われればホッキョクグマすら撃退する勇猛果敢なセイウチも、存外かわいい顔を
  しています。口髭、セイウチの象徴であるキバ、鰭のような脚などを見てみましょう。
 ・・08:00または09:00にホテルを出発(現地で出発時刻をご確認下さい)します。
 ・・ホテルへの帰着は7時間後となります。ツアーにはお弁当(BOX)が含まれます。
 ・・服装のヒント: ウール靴下、ウールのインナー、フリース、防風仕様のズボン、耳当て
  衣類の貸出はありません。必ず、ご自身でご用意下さい。
*昼食: ツアーに含まれます
・・自由: 午後、自由行動。オプショナルツアーなどでお楽しみ下さい。
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル

*宿泊: ホテル または ツーリスト旅館
     ベースキャンプ・ファングストマンス・ホテレット
     コール・マイナーズ・キャビンズ
     ゲストハウス 102
     ラディソン・ブリュー・ポーラー・ホテル・スピッツベルゲン
     ルスキー・ドム・ホステル
     スピッツベルゲン・ホテル(史跡旅館)
     スバールバル・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>  月  日(水)
■行程: スピッツベルゲン(スバールバル諸島)
*朝食: ホテル
*観察: セイウチ観察ツアー(08:00−15:00/09:00−16:00)
 ★
セイウチのコロニー: 
  ボートに乗って、セイウチのコロニーに接近し、群れをなすセイウチを観察します。
  氷上または海岸線でのんびり日光浴したり、オス同士でけんかをしたりしています。
  襲われればホッキョクグマすら撃退する勇猛果敢なセイウチも、存外かわいい顔を
  しています。口髭、セイウチの象徴であるキバ、鰭のような脚などを見てみましょう。
 ・・08:00または09:00にホテルを出発(現地で出発時刻をご確認下さい)します。
 ・・ホテルへの帰着は7時間後となります。ツアーにはお弁当(BOX)が含まれます。
 ・・服装のヒント: ウール靴下、ウールのインナー、フリース、防風仕様のズボン、耳当て
  衣類の貸出はありません。必ず、ご自身でご用意下さい。
*昼食: ツアーに含まれます
・・自由: 午後、自由行動。オプショナルツアーなどでお楽しみ下さい。
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル または ツーリスト旅館
     ベースキャンプ・ファングストマンス・ホテレット
     コール・マイナーズ・キャビンズ
     ゲストハウス 102
     ラディソン・ブリュー・ポーラー・ホテル・スピッツベルゲン
     ルスキー・ドム・ホステル
     スピッツベルゲン・ホテル(史跡旅館)
     スバールバル・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>  月  日(木)
■行程: スピッツベルゲン(スバールバル諸島)
*朝食: ホテル
*観光: 第3炭鉱ツアー(09:00−12:00)
 ★第3炭鉱
  ロングイェールビーンから離れ、スバールバル諸島で最もアクティブな炭鉱である
  第3炭鉱を訪れます。ここでは坑道や採掘のようすを見ることができます。
*昼食: 軽食(スナック)を予定
*行楽: ゴースト・タウン『ピラミーデン』へのボート・ツアー(12:45−18:15)
 ★
ピラミーデン
  ロシアによって運営される炭鉱と観光の町バレンツブルクとは対照的な廃墟の町
  ピラミーデンは、ソ連時代に運営され、冷戦の終結とともに衰退したピラミーデンを
  スピード・ボートで訪れます。静まりかえったソ連時代の町の廃墟は鬼気迫る雰囲気。
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル または ツーリスト旅館
     ベースキャンプ・ファングストマンス・ホテレット
     コール・マイナーズ・キャビンズ
     ゲストハウス 102
     ラディソン・ブリュー・ポーラー・ホテル・スピッツベルゲン
     ルスキー・ドム・ホステル
     スピッツベルゲン・ホテル(史跡旅館)
     スバールバル・ホテル
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>  月  日(金)
■行程: スピッツベルゲン(スバールバル諸島)⇒オスロ
*朝食: ホテル(但し、出発時間によりお召し上がり頂けない場合もあります)
*送迎: 
有料シャトル送迎車でホテルから空港にご案内致します。【現地払い】
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: スカンジナビア航空で空路、オスロへ。
 SK4497 スピッツベルゲン02:30⇒オスロ     05:25
・・手続: 受託荷物引取〜次便乗継手続〜安全検査
※移動: スカンジナビア航空で空路、コペンハーゲンへ。
 SK1463 オスロ     07:10⇒コペンハーゲン 08:20
・・手続: 安全検査/出国
※移動: スカンジナビア航空で空路、帰国の途へ。
 SK−983 コペンハーゲン 15:45⇒成田空港    09:35 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>  月  日(土)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


====================================



============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
※この旅行は発着地点が変わることもあります
 

 2018年6月から9月までの毎週(土)に出発可能。
 このコースは添乗員が同行/合流、お世話致します。


<最少催行人数 :1名様より催行>

★添乗員同行または合流の場合★

 ◆2018年06月09日(土)以降
人数 現地費用 航空券代 合計
1名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
2名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
3名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
4名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
5名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
6名様でご参加の場合 お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい お問い合わせ下さい
 お一人部屋追加料金 お問い合わせ下さい


●お申込期間: 出発の1ヶ月前までにお申込下さい


●ご旅行代金には下記のものが含まれます*
 *車両:  オスロの送迎は混載車/ロングイェールビーンの送迎・観光は混載車
 *宿泊:  下記のホテルのスタンダード部屋または同等クラスのホテル/旅館
  【オスロ】
    パークイン・バイ・ラディソン・オスロ・エアポート・ガーデモエン
    ベストウエスタン・カール・ヨハン・ホテル
    グランド・ホテル・オスロ(5★)
   
  【スピッツベルゲン島】
    ベースキャンプ・ファングストマンス・ホテレット
    コール・マイナーズ・キャビンズ
    ゲストハウス 102
    ラディソン・ブリュー・ポーラー・ホテル・スピッツベルゲン
    ルスキー・ドム・ホステル
    スピッツベルゲン・ホテル(史跡旅館)
    スバールバル・ホテル

 *食事:  朝食6回/昼食4回/夕食5回
 *観光:  ◎印/○印の観光ポイントで必要な入場料/拝観料
 *添乗:  添乗付きの場合、添乗費用など
 *税金:  観光税・宿泊税
 *交通:  国際線および国内線航空券
      (燃油サーチャージ/空港税/米国入出国経費)
 
●ご旅行代金に含まれないもの
 x燃油サーチャージ等の値上がりの際の差額
 x個人的な支払い(電話・FAX・ネット通信費/チップ/明記されていない食事/
  お飲み物/オプショナルツアー)
 x日本国籍以外のお客様の査証代

●旅券(パスポート)/査証(ビザ)
 ・ 旅券: シェンゲン協定加盟国を出国時に3カ月以上の残存有効期間が必要
       また、未使用の査証欄余白が1ページ以上、必要
 ・ 査証: 90日以内の観光は査証不要



 

電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで

▲TOPへ