異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ 西アフリカスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
西アフリカ歴史紀行 C セネガル&ガンビア
サンルイ島/ゴレ島/ストーンサークル/ジェームス島/ジュフレ村
9日間 (ダカール・ドバイ延泊可能)

ここがポイント!

西アフリカ歴史紀行 C セネガル &ガンビア

西アフリカ最果ての国セネガル。
アフリカ大陸で最後に夕日の沈むアルマディ岬のあることで知られています。
フランス植民地時代に建設された古都『サンルイ』や、奴隷貿易の拠点となった『ゴレ島』を訪れます。首都ダカールはエキゾチックな街。また、知る人ぞ知る、料理のおいしい国でもあります。

セネガルの国土に三方を囲まれ、一方は大西洋に面したユニークな国がガンビアです。
ガンビア川の流域に建国されたこの国は、旧宗主国が英国。セネガルとは別の道を歩んできました。不思議な環状列石『セネ・ガンビアのストーンサークル』と、ガンビア川に浮かぶ奴隷貿易の拠点『ジェームス島』が世界遺産に登録されています。小説『ルーツ』の舞台となったジュフレ村も、この国にあります。ケープ岬は一大リゾート地。世界でも珍しい川のビーチリゾートです。

<観光の見どころ>
サンルイ島【世界文化遺産】
1659年にフランスがアフリカ進出の基点として植民地化を進めたのがサンルイ島です。
サンルイ島はサンルイ・デュ・フォール(Saint Louis du Fort)と名付けられ、サハラ交易のルートを押さえるとともに、奴隷貿易の拠点ともなり、1872年から1957年までの間、フランス領西アフリカの首都として重要な役割を担っていました。長さは南北に1,300m、幅は東西に360mという狭い土地ですが、植民地時代の建物が並び、歴史的景観を築き上げています。かつてはダカール⇔サンルイ間には鉄道も走っておりました。

ゴレ島【世界文化遺産】
ダカール沖合に浮かぶ、南北900m、東西300mの小さな島、ゴレ島。このゴレ島が奴隷貿易が盛んだったころ、奴隷積出の基地として栄えていました。もともとは1444年にポルトガル人が最初に到達したことが記録に残っており、それ以降、1628年のオランダによる占領、さらには英国とフランスの攻防を経て、最終的にフランス領となりました。フランスは1794年に奴隷貿易廃止を決定しましたが、その後、1802年ナポレオン一世によって再度、カリブ海に浮かぶのフランス領土マルティニークなどに展開していたさとうきびプランテーションへの労働力供給のために一時、復活しています。最終的に奴隷貿易が廃止されたのは1815年のことでした。ゴレ島には奴隷貿易を保護するための城塞や出城が建設され、劣悪な状況の中で出港を待つ奴隷が押し込められていた館が残されています。このようなマイナスの遺産のほか、セネガル最古のモスクも存在します。


セネ・ガンビアの環状列石【世界文化遺産】
一般にストーンサークルと呼ばれる環状列石が、セネガル/ガンビアの両国の国境をまたいで点在しています。8世紀ごろから2世紀頃までに、もともとあった墓の上に墓石として建てられたと言われています。今回の旅ではとくに保存状態のよい、ガンビア側のストーンサークルを見学します。ガンビア西部に位置する『
ケル・バッチ・ストーンサークル』と、『ワス・ストーンサークル』を訪れます。実数は1965基の陵墓が確認されており、それらを構成する石の総数は16,790とされています。南部のグレート・ジンバブエと並ぶ、石の遺跡です。

ジェームス島と関連史跡群【パームツアーセンター推薦遺産】
ガンビア川に浮かぶジェームス島は、セネガルのゴレ島と並ぶ、奴隷貿易の拠点でした。現在も奴隷貿易を保護するための要塞や、奴隷の館などの史跡があります。またジュフレ村はかつてドラマ化された小説、『ルーツ』の舞台となった村で、主人公クンタ・キンテ(著者アレックス・ヘイリー氏の祖先)出身地として有名です。ガンビア川南岸から渡河しますので、ガンビア川ボート・クルーズのコースに組み込まれています。
 ・
ジェームス島: 要塞や奴隷の館が残されています。
 ・
アルベイダ村: ポルトガル人礼拝堂CAFOビルディングが世界遺産登録基準
 ・
ジュフレ村: 奴隷狩りの舞台と、モーレル兄弟の商館跡が世界遺産登録基準

ダカール
セネガルの首都。ビーチリゾートのンゴールや、アフリカ大陸最西端のアルマディ岬も含まれます。サンダガ市場、ケルマル市場、独立広場など、市民の生活が感じられる場所にご案内致します。現地食にトライされたい方、紙皿とフォークをご用意下さい。おいしい魚や野菜をのせたセネガル版パエリア“チェブジェン”にトライしてみましょう。丸い青唐辛子をつぶして混ぜながらセネガル版おふくろの味を堪能できます。最後は民芸品ショップでお土産さがしをして、この旅を締めくくります。

<写真:上 ボアリ小瀑布>


モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
01日目(木・土) 成田⇒ドバイ
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
02日目(金・日) ドバイ⇒ダカール 
※移動: エミレーツ航空で空路、セネガルの首都ダカールへ。
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*行楽: アフリカ大陸最西端
アルマディ岬へ。
     ・
アフリカ大陸で最後に沈む夕日を見に行きます。
*夕食: ローカル・レストラン
*宿泊: ホテル・ラ・マドラング または同等
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
03日目(土・月) ダカール→サンルイ→ダカール
*朝食: ホテル
*観光: 植民地時代の古都サンルイへの日帰り観光
     ・
サンルイの歴史地区【世界文化遺産】
*昼食: ローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: ホテル・ラ・マドラング または同等

<写真:サンルイの歴史地区>
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
04日目(日・火) ダカール⇒バンジュル
*朝食: ホテル
*観光: 世界文化遺産ゴレ島を観光します。
     ・
ゴレ島【世界文化遺産】
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 観光終了後、空港にご案内致します。
*移動: 空路、ガンビアの首都バンジュルに向かいます。
 SN−203 ダカール    16:35⇒バンジュル   17:20
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*夕食: ホテル
*宿泊: サンビーチ・ホテル または同等

<写真:ゴレ島>
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
05日目(月・水) バンジュル
*朝食: ホテル
*観光: 
セネ・ガンビアの環状列石【世界文化遺産】を観光します。
     ・
ケル・バッチ・ストーンサークル
     ・
ワス・ストーンサークル
     ・ラミン・コト・ストーンサークル
*昼食: ジョージタウンのローカル・レストラン
*夕食: ホテル
*宿泊: サンビーチ・ホテル または同等
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
06日目(火・木) バンジュル→ダカール
*朝食: ホテル
*観光: バンジュル近郊の観光にご案内致します。
     ・マンディンゴ族の集落アルブレダ村【世界文化遺産】
     ・小説『ルーツ』の舞台
ジュフレ村【世界文化遺産】
     ・
ジェームス島【世界文化遺産】
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 空港にご案内致します。
*夕食: お弁当をご用意する予定です。
*移動: サベナ・ブリュッセル航空で空路ダカールへ。
 SN−204 バンジュル   20:00⇒ダカール    20:40
*送迎: 現地係員が空港にてお出迎え、ホテルにご案内致します。
*宿泊: ソフィテル・テランガ または同等
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
07日目(水・金) ダカール⇒ドバイ
*朝食: ホテル
*観光: 首都
ダカール市内の観光
    ・大モスク
    ・大聖堂
    ・市場
    ・民芸品店
    ・大統領官邸(外観)
    ・マヌエル岬
*昼食: ローカル・レストラン
*送迎: 現地係員が空港にご案内致します。
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK−798 ダカール    17:40⇒ドバイ     07:15 翌日
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
08日目(木・土) ⇒ドバイ
*送迎: お車で空港からホテルにご案内致します。
*休息: ホテル・イビス(アイビス)・デイラ または同等
    ・お部屋は出発までご利用頂けます。
*送迎: お車でホテルから空港にご案内致します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
09日目(金・日) ドバイ⇒東京/大阪
※移動: エミレーツ航空で空路、帰国の途へ。
・帰国
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【延泊】 このプランでは、ダカール、ドバイで延泊が可能です。
@ダカール延泊の場合: 日帰りピンクの湖を訪れます。
Aドバイ延泊の場合: UAE最古のモスクのあるディバなどにご案内致します。

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
毎週水曜日出発

<最少催行人数 :1名で催行。添乗員付/無し>


人数 現地発着代 航空券代 合計
1名様から お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください



●お申込期間:出発2週間前まで



●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *空港送迎 日程に<*送迎>と明記された箇所
 *観光費用: 観光にかかる車両・運転手代・ガイド代・入場料
 *送迎費用: 送迎の車両・運転手代
 *食事費用:*日程に<*朝食、昼食、夕食>と明記された箇所
 *地上費用: 送迎や観光の車両代、英語を話すガイド代、入場料・拝観料

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *空港使用料 成田空港施設使用料
 *航空保険料追加徴収金、燃油深料金
 *国内線の燃油付加料金
 
*個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物/オプショナルツアー)
 

 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ