異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
  TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【アフリカの旅】
■ 西アフリカスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ
西アフリカ歴史紀行 @ ガーナ
アシャンティ王国と奴隷貿易の光と影8日間
(アクラ・ドバイ延泊可能)

ここがポイント!

 ■西アフリカ歴史紀行 @ガーナ

◆アシャンティ王国と奴隷貿易の光と影◆
ガーナというと、何を思い浮かべますか?
野口英世、チョコレート・・・ 西アフリカはギニア湾岸にあるこの国には、激動の時代を今に伝える史跡の数々があります。この旅では、世界文化遺産に登録された『アシャンティ族の伝統建造物群』と『アクラ等、中部、西部各州の城塞群』を中心に、ガーナの歴史と文化を探訪します。
<観光の見どころ>
アシャンティ族の伝統建造物群【世界文化遺産】
17世紀末から19世紀末まで、現在の古都クマシにはアシャンティ王国の首都がありました。アシャンティ王国は17世紀末にオセイ・トゥトゥ王によって周辺の諸部族を統一し、金や奴隷をヨーロッパに輸出することで富を得、やがて現在のガーナとトーゴ、そしてコートジボワールの一部を併合して繁栄を極めました。1901年に英国に併合される頃には古い建造物は殆ど殆ど、英国との戦で焼失しましたが、現在も当時の伝統建築によって再建された独特の建物が残されています。
 ・
アセワセ神殿
 ・
王宮
 ・
古い街並みとアシャンティ建築様式の家屋群(外観)

ヴォルタ州、グレータ・アクラ州、中部州、西部州の城塞群【世界文化遺産】
マリ王国のマンサ・ムーサ王が14世紀初頭に行った豪華絢爛なメッカ巡礼と莫大な黄金の喜捨は、その後、ヨーロッパに黄金伝説として伝わり、ヨーロッパ列強によるアフリカ進出が始まりました。15世紀後半にポルトガル人が来航、その後オランダ、スウェーデン、デンマーク、英国などが続々と西アフリカのギニア湾岸に来航し、ギニア湾岸にそれぞれの拠点を築きました。既に黄金は枯渇の途を辿っていましたが、やがてギニア湾岸は奴隷貿易の拠点となり、1,500万人もの奴隷が海を渡ってヨーロッパやアメリカ大陸、カリブ海へと送られてゆきました。今回の旅では、世界遺産に登録された城塞群のうち、特に有名なエルミナとケープコーストの城塞にご案内致します。シエラレオネのバンス島、ガンビアのジェームス島、セネガルのゴレ島などとともに、貴重な奴隷貿易の史跡として保護されています。
 ・
ケープコースト城(1653年スウェーデンによって築城。在ケープコースト市)
 ・
セント・ジョージ城(1482年ポルトガルによって築城。在エルミナ)
 ・
サンジャゴ要塞(1662年オランダによって築城。在エルミナ)
 ・
オス城(外観のみ。撮影不可。在アクラ)
 ・そのほか、時間が許せばセニヤ・ベラクなど、アクラ郊外もオプション手配可能)

首都アクラ観光
 ・コレブ地区の病院(野口英世胸像)


モデルプラン(手配旅行です)
============================================================================
01日目(土) 東京/大阪⇒
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。へ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
02日目(日) ⇒ドバイ⇒アクラ→クマシ
※移動: エミレーツ航空で空路、ガーナの首都アクラへ。 
 EK-787 ドバイ     07:30⇒アクラ     12:00
*出迎: 現地係員が空港にてお出迎え致します。
*昼食: ローカル・レストラン
*移動: アシャンティ王国の首都、クマシに移動します。
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: 3★クラスのホテル
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
03日目(月) クマシ→エルミナ
*朝食: ホテル
*観光: 午後、古都クマシ旧市街【世界文化遺産】の観光
     ・王宮(アシャンティ族の王様の宮殿です)
     ・アセワセ神殿(アシャンティ族の宗教の総本山です。)
     ・アシャンティ族の家屋(外観のみ。独特の建築様式を見てみましょう)
*昼食: ローカル・レストラン
*移動: ギニア湾岸のエルミナに移動します。
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: エルミナ・ビーチ・リゾート または同等
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
04日目(火) クマシ→エルミナ
*朝食: ホテル
*観光: 午後、
ケープコースト城【世界文化遺産】を観光します。
*昼食: ローカル・レストラン または ホテル
*観光: 午後、
セント・ジョージ城サンジャゴ要塞【世界文化遺産】を観光します。
*夕食: ホテル
*宿泊: エルミナ・ビーチ・リゾート または同等

<写真:ケープコースト城
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
05日目(水) エルミナ→アクラ
*朝食: ホテル
*移動: 首都アクラに移動します。
*昼食: ローカル・レストラン
*観光: アクラ市内及び近郊の観光
     ・初代大統領エンクルマ廟(ガーナ建国の父が祀られています)
     ・棺工房(ユニークな形をした棺は、故人の生前の職業や夢を表現)
     ・灯台(入場も撮影もできませんが、アクラ建設の要となった場所です)
     ・オッス城(入場も撮影もできませんが、アクラ防御の要となった場所です)
     ・コレブ地区(地区の病院に野口英世の胸像があります)
     ・民芸品店

*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: 3★クラスのホテル
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
06日目(木) アクラ⇒
*朝食: ホテル
*観光: アクラ近郊の
セニヤ・ベラクにある要塞の観光
*昼食: ピクニックお弁当 または ローカル・レストラン
*送迎: 観光終了ご、空港までご案内致します。
※移動: エミレーツ航空で空路、ドバイへ。
 EK-788 アクラ     17:30⇒ドバイ     05:50 翌日
*送迎: 翌日の早朝に到着。シャトルでホテルにご案内致します。
*宿泊: ホテル・イビス(アイビス) または同等
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
07日目(金) ⇒ドバイ
<食事: 朝・昼・夕とも各自>
<自由: 終日、自由行動>お部屋は出発までご利用頂けます。
*送迎: シャトルで空港にご案内致します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
08日目(土) ドバイ⇒東京/大阪
※移動: エミレーツ航空で空路、帰国の途へ
・帰国
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【延泊】 このプランでは、アクラ、ドバイで延泊が可能です。
@アクラ延泊の場合: 日帰りで隣国のトーゴを訪れます。査証はアクラで取得します。
Aドバイ延泊の場合: UAE最古のモスクのあるディバなどにご案内致します。

============================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。
毎週水曜日出発

<最少催行人数 :1名で催行。添乗員付/無し>


人数 現地発着代 航空券代 合計
1名様から お問い合わせください お問い合わせください お問い合わせください



●お申込期間:出発2週間前まで



●現地発着料金には下記のものが含まれます*
 *空港送迎 日程に<*送迎>と明記された箇所
 *観光費用: 観光にかかる車両・運転手代・ガイド代・入場料
 *送迎費用: 送迎の車両・運転手代
 *食事費用:*日程に<*朝食、昼食、夕食>と明記された箇所
 *地上費用: 送迎や観光の車両代、英語を話すガイド代、入場料・拝観料

●現地発着料金に含まれないもの(ご利用航空会社によって料金が変わります)
 *空港使用料 成田空港施設使用料
 *航空保険料追加徴収金、燃油深料金
 *国内線の燃油付加料金
 
*個人的な支払い(電話、FAX、ネット通信費/チップ/明記されていないお食事/お食事の際のお飲み物/オプショナルツアー)
 

 
電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで
▲TOPへ