異文化体験とホームステイの旅。現地体験型の旅、超個性派の旅ならパームツアー。南太平洋・中南米・中近東・カリブ海・アフリカ・アジア・北米他


海外旅行で異文化体験、ホームステイのパームツアーセンター。 ありきたりの旅ではない、自分らしい旅をしませんか? 世界遺産、変わった遺跡巡り、エコツアーにもこだわりがあります・・・ パームツアーセンターは現地に密着した旅、ディープな旅をプロデュースします!
TOP    会社案内    旅行業約款    店長紹介    お問合せ    FAQ  
 

 
スペシャルプラン
アフリカ 中近東/
北アフリカ/
マルタ
中南米 南太平洋 カリブ海 北米他 アジア その他

トップ現地発着スペシャル【中近東/北アフリカ/マルタ】
■ アルジェリアスペシャル
■ 現地発着スペシャル

■ エリアで探す
■ 目的別で選ぶ
 
フォトギャラリー
■ お客様の声
会社案内
ご旅行条件
旅行業約款
ご旅行申込方法
店長ってどんな人?
お問合せ
MSN サーチ

2018年03月02日(金)出発限定
カナダ&フランス領サン=ピエール島
マドレーヌ島
タテゴトアザラシとの出会い
&
知られざるフランス領サン=ピエール島

成田空港発着 エア・カナダ利用


ここがポイント!

 フランス領サン=ピエール島と
  タテゴトアザラシの赤ちゃんのふるさとマドレーヌ島


カナダ タテゴトアザラシとの出会い

成田空港発着
復路のモントリオールでは、史跡旅館に宿泊予定。

カナダの他の地域との組み合わせ、他国との組み合わせも可能です。










期間限定コース

カナダのマドレーヌ島に、純白のタテゴトアザラシの赤ちゃんに会いに行くツアーです。
毎年2月下旬(催行開始日についてはお問合わせ下さい)から、3月上旬(2013年は03月08日(金)モントリオール到着が最終)までしか催行されないレアなツアーです。


プリンスエドワード島とニューファウンドアンド島の間のセントローレンス湾に釣り針のような形をしたマドレーヌ島という小さな島があります。

この島は夏になると静かな島での生活を楽しむ人々が訪れますが、冬は厳しい環境となります。この、人を寄せ付けない冬に、生命誕生のドラマが展開するのです。
毎年、2月の末になるとこの島でタテゴトアザラシが何千頭と生まれます。
タテゴトアザラシの赤ちゃんは敵から身を守るために氷と同じ真っ白な毛皮のコートに覆われています。
アザラシの親は10日間ほどで赤ちゃんを育て、その後、赤ちゃんは独り立ちしていきます。

生まれたばかりのタテゴトアザラシの赤ちゃんはとてもかわいいのでテレビなどでも紹介されています。
親の目が離れた際に人間がそばに近づいても逃げたりしないので写真を撮るのも比較的やさしいです。
ただし、決して驚かさないように!


アクティビティのご説明


含まれているアクティビティは、ご滞在中に没?入型体験をしていただけるように
考案されています。
お客様はプランの宿泊日数に応じ、以下のアクティビティを現地で選択できます:
3泊プラン:   7アクティビティ+1ヘリコプターツアー
4泊プラン:  10アクティビティ+1ヘリコプターツアー
5泊プラン:  13アクティビティ+1ヘリコプターツアー
6泊プラン:  16アクティビティ+1ヘリコプターツアー

アクティビティのご案内
※ヘリコプターツアー
(B)ヘリコプターツアー: アザラシウォッチングのチャンス(着陸なし)
?ヘリコプターで氷原の上空を飛び、驚くべき動物相と植物相の眺めを見ます。
 もしも、氷上にアザラシ(タテゴトアザラシ、ハイイロアザラシ)の群れが
 いれば、その上を飛びながら観察を試みます。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間(諸条件により変わってきます)
※氷原着陸:  なし
※催行定員:  4名様まで
※催行条件:  こちらのコースは行程に含まれます。2018年02月09日
 までに、セントフローレンス湾の氷原の状態に関係なく、催行されます。
・気象条件に応じ、ルートが変更になるケースがあります。ヘリコプターの機長、
 シャトー・マドリノが毎日のフライト時刻や行程に関する最終決定を下します。


(A)氷原へのエクスカーション&アザラシウォッチング
?氷の状態がよければ、ヘリコプターで、タテゴトアザラシ(ブランション)の
 群れの中に着陸します。ガイドの先導で、参加者はタテゴトアザラシ生息地で
 彼等を間近で観察できます。運がよければ出産に立ち会うことができるかも!
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間(諸条件により変わってきます)
※氷原着陸:  なし
※催行定員:  6名様まで
※催行条件:  このコースも、行程に含まれますが、2018年02月09日
 までに、セントフローレンス湾の氷原の状態がよければ、催行されます。その
 場合、参加者は(B)か(A)をお選び頂くことができます。
・気象条件に応じ、ルートが変更になるケースがあります。ヘリコプターの機長、
 シャトー・マドリノが毎日のフライト時刻や行程に関する最終決定を下します。


===


≪アウトドア系アクティビティ≫
アクティビティは、シャトー・マドリノのアクティビティ・コーディネーターが
初日のオリエンテーションの際に、お客様に各種アクティビティの詳細をご説明
致します。全アクティビティは、シャトー・マドリノのフロントから出発です。
尚、ヘリコプター・ツアーの追加予約は気象条件や空席状況により対応致します。
追加フライトの料金は、フライトのルートにより変わります(A)または(B)


?スノーシューイング
 野趣あふれる雪上トレッキング・ツアーです。
 スノーシューのガイドがご案内するので、初心者でもご参加頂けます。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?ハイキング
 3時間のガイド付きアクティビティ。ガイドによる動物相の解説があります。
 この地に生息するアメリカアカギツネ、世界最大のシカの種であるワピチの
 群れ(放牧)が観察できるチャンスがあります。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?サファリ・フォト
 3時間のガイド付きアクティビティ。各種のサファリ・フォト(自然写真)を
 テーマに、ガイドの先導でベスト・ショットを狙います。目的地の例としては
 灯台、漁港、断崖、海などが予定されています。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?日の出ツアー
 朝のガイド付きアクティビティです。日の出のサファリ・フォトを目的とした
 ツアーです。マドレーヌ島のご来光を狙います。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約1時間30分


?日の入ツアー
 夕方のガイド付きアクティビティ。サンセットのサファリ・フォトを狙います。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約1時間30分


?ブー・デュ・バン散策
 ガイド付きアクティビティ。乗り物に乗って『ブー・デュ・バン』を観光する
 サファリ・フォトのツアーです。アントレ島を一望できる有名な海岸サンディ・
 フック海岸の先端を訪れます。
※難易度 :  中級
※所要時間:  3時間30分


?鳥類学
 鳥類学をテーマにしたガイド付きアクティビティ。
 島に生息する鳥類について学ぶツアーです。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?氷上釣り(アイスフィッシング)
 地元の漁師と、氷上釣りのアクティビティを楽しむガイド付きアクティビティ。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?星空観察
 「ビュット・デュ・ヴァン」へのガイド付きツアー。
 テント(ゲル)やキャンプファイヤ ーが?用意されます
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?ナイトイベント
 お泊りのホテル「シャトー・マドリノ」のホールでは、宿泊客様のために毎晩
 日替わりイベントが開催されます。地元のミュージシャンによる音楽会のほか、
 アザラシや写真に関する講演会などが催されます。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約1時間30分



≪文化&観光系アクティビティ≫
?ガイド付き島内観光★東部方面
 18人乗りの快適な専用シャトルバスに乗り、熱心な現地人ガイドが同行する
 島内観光に出かけます。
 ★東部: 漁港/塩鉱山の前の道/アザラシインタープリテーションセンター/
  グランデシュウリ海岸(ナショナルジオグラフィック誌に於いてトップ10に
  ランキング)/グランド・アントレ村などを訪れます。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?ガイド付き島内観光★中部方面
 18人乗りの快適な専用シャトルバスに乗り、熱心な現地人ガイドが同行する
 島内観光に出かけます。
 ★中部: アーヴル・オ・メゾン村(チーズ屋/灯台/風景/カラフルな民家)/
  ファティマ村(灯台/教会)/エタン・デュ・ノール村(漁港/漁師の像)
  などを訪れます。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?ガイド付き島内観光★西部方面
 18人乗りの快適な専用シャトルバスに乗り、熱心な現地人ガイドが同行する
 島内観光に出かけます。
 ★西部: アーヴル・オベール集落/ラ・グラーブの史跡/海岸博物館/砂の
  アーティストによるエコノ・ミュージアム/パノラミックな風景が広がる道
  などを訪れます。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


?釣り教室
 気さくな地元の漁師クリスティアン・ヴィニョーが牡蠣の養殖の作業の一部や
 オマールエビ釣りの手ほどきをしてくれます。地元の漁師のライフスタイルの
 一部を垣間見ることができます。試食つき!
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間


◆料理教室(別料金が必要です)
 情熱あふれる地元のシェフが、マドレーヌ島の料理の手ほどきをしてくれます。
 地元民である彼にとって、地元の産物や郷土料理には、重要な意味があります。
 この料理教室はフーディ(グルメ)、食道楽、自然愛好家にお勧めです。
※難易度 :  初級
※所要時間:  約3時間
※注意事項:  追加費用が必要です。最少催行人員に満たない場合は中止です。


■常設サービス
?ショッピングセンターへのシャトルバス
 島の中央部に位置するキャップ・オ・ムール村を訪れたり、買い物をしたりと、
 シャトルバスにより9か所のサービスにアクセスすることができます。
 (例 : ショッピングセンター、銀?、薬局、土産物店、??品店、カフェなど)
※運行時間:  午前に1回/午後に1回


?空港シャトルバス
 マドレーヌ島空港(空港コード=YGR)にご到着、および島を出発される際
 ホテルの空港シ ャトルバスをご利??用ください。
 お客様の空港ご到着時には、当ホテルのスタッフがお迎えに参ります。
※運行時間:  毎?お客様のご到着/ご出発時に応じて


?翻訳サービス
 スタッフの1が各種のオリエンテーションや受付での通訳をはじ め、お客様の
 ご滞在を通してサポートを承ります。
 ホテルの通訳はフランス語、英語、日本語で対応いたします。

☆シャトー・マドリノのガイドは全て(ヘリコプターツアーのガイドを含む)、
 ツアー中フ ランス語と英語の?二か国語で対応いたします。
====================================

カナダの領海に浮かぶフランス領の島々

カナダの北東部、ニューファンドランド・ラブラドール州に属する島、ニューファンドランド島。
この辺境の州は、ラブラドール犬/ニューファンドランド犬それぞれのふるさととして、
知られています。
また周辺は、ラブラドール海流(寒流)とメキシコ湾流(暖流)が出会う場所となっており、
ゆたかな漁場としても知られています。ニューファンドランド島の南東部の沖には、巨大
大陸棚があり、グランドバンクと呼ばれています。そのグランドバンクはラブラドール海流、
メキシコ湾流が接近し、タラ、ハドック(モンツキダラ)、シシャモ、ホタテ、ロブスターなど、
海の幸の宝庫でもあります。
この海域に、フランスは海外準県を領有しています。
その名はサン=ピエール&ミクロン。主島である小さいサン=ピエール島と、属島である
大きいミクロン島およびラングレード島とで構成される、フランスの飛び地です。

この旅では、主島サン=ピエール島に2泊します。
カナダの領海に浮かぶ、フランスの歴史や文化を体感してみましょう。


サン=ピエール&ミクロン
サン=ピエール&ミクロンは、カナダのセント・ローレンス湾に浮かぶ島々です。
ニューファンドランド島の南部の沖合に位置しています。ここまで書けば、さも
カナダの領土のような印象を受けます。しかしこのサン=ピエール&ミクロンは
フランスの海外準県 Collectivite d'outre-mer; COM という位置づけなのです。
サン=ピエール&ミクロンの周辺の海域は豊かな漁場であり、ここにフランスの
領海があることで、フランスとカナダとの間で漁業権、そして鉱物採掘権を巡る
排他的経済水域に関する論争がありました(1992年に一旦収束しています)。

サン=ピエール&ミクロンには、もともと、アメリカ先住民のミクマクの一族と
考えられる民族が暮らしていました。ミクマクは、独自の象形文字を持っていた
北米の東部に分布していた民族です。
この島々が欧州に知られたのは、1520年(日本は永正17年。後柏原天皇の
御代。室町幕府第十代将軍・足利義稙の二度目の治世)にポルトガル人が“発見”、
16年後の1536年(天文5年。後奈良天皇の御代。室町幕府第十二代将軍・
足利義晴の治世)にはフランスはブルターニュ地方サン・マロ出身のブルトン人
探検家のジャック・カルティエが上陸、主島をサン=ピエール島と名付けました。
彼は後にカナダの命名者、そして、ケベック周辺への侵略者として名をあげます。
ジャック・カルティエ一行は三回の航海でカナダ東部を訪れ、サン=ピエール&
ミクロンを領有の基礎を作りました。
1702年(元禄2年。東山天皇の御代。江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉の治世)
にはイギリスのニューファンドランド遠征により、フランスの入植地は破壊され、
1713年(正徳3年。中御門天皇の御代。江戸幕府第七代将軍・徳川家継の治世)
ユトレヒト条約によって、イギリスの領土になります。1763年(宝暦13年。
現在までの最後の女性天皇で国母と呼ばれた後桜町天皇の御代。江戸幕府第十代
将軍・徳川家治の治世)パリ条約により再びフランスに割譲されました。しかし、
1778年(安永7年。後桃園天皇の御代。江戸幕府第十代将軍・徳川家治の治世)
から1783年(天明3年。光格天皇の御代。徳川家治の治世)までの期間と、
1793年(寛政5年。光格天皇の御代。第十一代将軍・徳川家斉の治世)から
1816年(文化13年。光格天皇の御代。徳川家斉の治世)までの期間はまた
イギリスによって占領されています。紆余曲折の後、フランス領に戻りました。

第二次世界大戦中の1940年(昭和15年)、フランスがナチス=ドイツに降伏、
サン=ピエール&ミクロンはフランス内のドイツ派のヴィシー政府領となります。
1944年(昭和19年)6月に、フランス内のナチス=ドイツ勢力は駆逐され、
ナチス=ドイツの影響を強く受けていたヴィシー政府も崩壊、サン=ピエール&
ミクロンは、フランスに帰属しました。ド・ゴール将軍の指揮下、自由フランス
政府の側につき、海軍基地が置かれました。
1975年(昭和50年)に海外領土から海外県に昇格しました。
1985年(昭和60年)に特別自治体に移行。
2003年(平成15年)に海外準県に移行しました。

現在の住民は、フランス系が殆どを占め、主にブルターニュやバスク地方からの
入植者の子孫です。公用語はフランス語で、宗教はカトリックが殆どです。

サン=ピエール&ミクロンは、豊かな漁場に囲まれていますが、島の陸地部分は
殆ど不毛です。小さなサン=ピエール島に首府が置かれています。ミクロン島は
ラングレード地峡で、もともと別の島であったラングレード島と?がっています。

≪観光のみどころ≫

サン=ピエール島 SAINT PIERRE:
 主島。1536年のジャック・カルティエの上陸以来、フランスから来た入植者たちが
 築いたサン=ピエールには、フランス風の建築文化、食文化、生活文化が犇いて
 います。このフランス色ゆたかな世界観を、島専属のガイドとともに体感します。
 
石造りの教会カラフルな住宅田舎の雰囲気を持つ商店等を見ます。
 観光の途中で、島民のライフスタイルを垣間見るチャンスがあるかもしれません。

マラン島 ILE AUX MARINS:
 マラン島には19世紀に栄えた漁村の遺跡があります。サン=ピエール島からの
 半日ツアーではマラン島の美しすぎる?廃村を訪れ、観光します。マラン島では
 
三角屋根の二階建の屋敷一階建のかわいらしい住居ジェゼケルの家
 
教会墓地漁民の家などを訪れます。小さな集落があり、学校もあります。
 絵になるゴーストタウンの景観をお楽しみ下さい。島名はフランス語で船員の島です。

   

5月と10月は防寒のため、フリース等をご用意下さい!



============================================================================
★マドレーヌ島3泊コース / 2018年★
下記ののツアーは【請求権放棄同意書】のご署名が必要になります。

====================================
<01日目>2018年03月02日(金)
■行程: 成田空港⇒バンクーバー⇒
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: エア・カナダで空路、バンクーバーへ。
 AC−004 成田空港    19:00⇒バンクーバー  10:35
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関〜受託荷物再登載〜安全検査
※移動: エア・カナダの国内線で空路、モントリオールへ。
 AC−308 バンクーバー  23:25⇒モントリオール 07:08 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<02日目>2018年03月03日(土)
■行程: ⇒モントリオール⇒サンピエール島
・・手続: 受託荷物引取〜次便搭乗手続〜安全検査
※移動: エール・サン=ピエールで空路、サン=ピエール島へ。
 PJ1122 ハリファックス 12:30⇒サン=ピエール島14:45
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関を済ませ、出口へ。
*送迎: 混載の送迎車で空港からホテルにご案内致します。
*夕食: ローカル・レストラン または ホテル
*宿泊: ホテル・イル・ド・フランス(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<03日目>2018年03月04日(日)
■行程: サン=ピエール島
・・備考: 
基本的に午前が町歩き、午後がマラン島訪問ですが、逆転する場合があります。
*朝食: ホテル
*観光: 午前、首府サン=ピエールの徒歩観光にご案内致します。
 ○
サン=ピエール島(混載ツアー)
  石造りの教会カラフルな住宅田舎の雰囲気を持つ商店等を見ます。
  観光の途中で、島民のライフスタイルを垣間見るチャンスがあるかもしれません。
*昼食: 軽食(ピクニック) または ローカル食堂
*観光: 午後、世界でも屈指の“美しい廃村”マラン島観光にご案内致します。
 ○
マラン島(混載ツアー)
  三角屋根の二階建の屋敷一階建のかわいらしい住居ジェゼケルの家
  
教会墓地漁民の家などを訪れます。小さな集落があり、学校もあります。
*夕食: ローカル・レストラン(シーフード)
 ◎
シーフード・レストラン
  グランドバンクを有する海域に浮かぶため、タラ、ハドック、シシャモ、ホタテ、エビ、
  豊富な北海の幸があります。添乗員がおいしいお店にご案内します(現地払い)

*宿泊: ホテル・イル・ド・フランス(スタンダード部屋)または同等
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<04日目>2018年03月05日(月)
■行程: サン=ピエール島⇒ハリファックス
*朝食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車でホテルから空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査/出国
※移動: エール・サン=ピエールで空路、ハリファックスへ。
 PJ1121 サン=ピエール島09:30⇒ハリファックス 10:00
・・手続: 入国〜受託荷物引取〜通関〜次便搭乗手続〜安全検査
※移動: エア・カナダの国内線で空路、モントリオールへ。
 AC−669 ハリファックス 15:40⇒モントリオール 16:22
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 送迎車で空港からホテルにご案内致します。
・・夕食: 添乗員が同行する場合、旅館でご夕食をお召し上がり頂きます(現地払い)
*宿泊: 
ラ・メゾン・ピエール・デュ・カルベ La Maison Pierre du Carbet
    
等、史跡旅館を予定しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<05日目>2018年03月06日(火)
■行程: モントリオール⇒マドレーヌ島
*朝食: ホテル
*送迎: 専用車でホテルから空港にご案内致します
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
※移動: エア・カナダの国内線で空路、マドレーヌ島へ。
 AC8706 モントリオール 09:00⇒マドレーヌ島  13:47
・・手続: 受託荷物引取を済ませ、出口へ。
 ★ ここからツアーが始まります。
・・到着: マドレーヌ島にご到着
*送迎: ホテルの混載送迎車(シャトルバス)で空港からホテルへ。
・・手続: ホテルのチェックイン。
・・説明: ご滞在中の流れについてオリエンテーションが行われます。
・・申込: アクティビティのお申し込みを受け付けます。
*夕食: ホテル
*催し: 日替わりナイトイベント
*宿泊: シャトー・マドリノ(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<06日目>2018年03月07日(水)
■行程: マドレーヌ島滞在
*朝食: ホテル
*行楽: ヘリコプターツアー
*昼食: ホテル
*行楽: アクティビティ
*夕食: ホテル
*催し: 日替わりナイトイベント
*宿泊: シャトー・マドリノ(スタンダード部屋)


<写真:タテゴトアザラシ>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<07日目>2018年03月08日(木)
■行程: マドレーヌ島滞在
*朝食: ホテル
*行楽: アクティビティ
*昼食: ホテル
*行楽: アクティビティ
*夕食: ホテル
*催し: 日替わりナイトイベント
*宿泊: シャトー・マドリノ(スタンダード部屋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<08日目>2018年03月09日(金)
■行程: マドレーヌ島⇒モントリオール
*朝食: ホテル
*行楽: アクティビティ
*昼食: ホテル
*送迎: 混載の送迎車(シャトルバス)でホテルから空港にお送り致します。
 ★ ここでツアーが終わります。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査
*移動: 国内線で空路、モントリオールへ。
 AC8721 マドレーヌ島  14:30⇒モントリオール 17:46
・・手続: 機内預け荷物引取を済ませ、出口へ。
*送迎: 送迎車で空港からホテルにご案内致します。
・・夕食: 添乗員が同行する場合、旅館でご夕食をお召し上がり頂きます(現地払い)
*宿泊: 
ラ・メゾン・ピエール・デュ・カルベ La Maison Pierre du Carbet
    
等、史跡旅館を予定しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<09日目>2018年03月10日(土)
■行程: モントリオール⇒(経由地x2回)⇒
・・朝食: 添乗員が同行する場合、旅館でご朝食をお召し上がり頂きます(現地払い)
*送迎: 送迎車で旅館から空港にご案内致します。
・・手続: 搭乗手続〜安全検査〜搭乗
※移動: エア・カナダの国内線で空路、経由地へ。
 AC−403 モントリオール 08:00⇒トロント    09:24
・・手続: 安全検査
※移動: エア・カナダの国内線で空路、バンクーバーへ。
 AC−107 トロント    10:15⇒バンクーバー  12:25
・・手続: 安全検査/出国
※移動: エア・カナダの国際線で空路、帰国の途へ。
 AC−003 バンクーバー  13:50⇒成田空港    16:40 翌日
・・宿泊: 機内泊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<10日目>2018年03月11日(日)
■行程: ⇒成田空港
・・帰国
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


====================================

==================================================================================
※内容は予告なく変更になる場合もあります。
※この旅行は手配旅行となります。


 2018年03月02日(金)出発限定
 添乗員が同行し、お世話致します。


<最少催行人数 :1名様より催行>

◇料金: お問合せ下さい。(後日発表します)
 

<料金に含まれるもの>
 *送迎: 空港⇔ホテル間の送迎
  ・・サン=ピエール島の空港⇔ホテル間(往復) ・・・ 混載車
  ・・マドレーヌ島の飛行場⇔ホテル間のご誘導
  ・・モントリオール空港⇔ホテル(往復) ・・・ 専用車
 *宿泊: 各地のスタンダード・クラスの宿のスタンダード部屋を予定しております。
  ・・フランス領サン=ピエール島 2泊
   ホテル・イル・ド・フランス(スタンダード部屋)または同等
  ・・ケベック マドレーヌ島 3泊
   シャトー・マドリノ(スタンダード部屋)
  ・・ケベック モントリオール2泊
   ラ・メゾン・ピエール・デュ・カルベ等の史跡旅館
 *食事: 朝食6回/昼食4回/夕食5回
 *行楽: 下記の7つのアクティビティ/ツアー、ご滞在中に各一回ずつ
   ●ヘリコプターツアー
  ≪アウトドア系≫
   ●スノーシューイング
   ●ハイキング
   ●サファリ・フォト
   ●日の出ツアー
   ●日の入ツアー
   ●ブー・デュ・バン散策
   ●鳥類学
   ●氷上釣り(アイスフィッシング)
   ●星空観察
   ●ナイトイベント
  ≪文化&観光系≫
   ●ガイド付き島内観光★東部方面
   ●ガイド付き島内観光★中部方面
   ●ガイド付き島内観光★西部方面
   ●釣り教室
   ◎料理教室(別料金が必要です)
   ★ホテル⇔モール/町の中心地へのシャトルをご利用頂けます。
  <サン=ピエール島>
   サン=ピエール島観光
   マラン島観光
 *税金: 観光税・宿泊税
 *貸出: 防寒具レンタル
     ※防寒具は、ムスタングスーツとブーツになります。
      ブーツ、防寒手袋や帽子などは、各自お持ち下さい。

<料金に含まれないもの>
 Xマドレーヌ島までの航空券代
  ○モントリオール⇔マドレーヌ島往復航空券
 X海外旅行傷害保険代金
 X現地でご利用になる通信費(電話・FAX・ネット等)
 X係員やガイドへのチップ
 Xオプション費用(確認中)
 X明記されないお食事/お飲物/洗濯代/お土産代/ポーター費等個人的費用


●お申込期間:出発3週間前まで




☆注意事項☆

ご注意
※ハープシールは野生動物の為、必ずしもご覧になれるとは限りません。 
 その場合でも、返金はございません。
※ハープシールの観察はヘリコプター(07:00、10:30、14:00 の3 回を予定)を利用します。
 天候・流氷の状況により時間などは現地催行会社の方で調整されますので、現地催行会社の
 係員の指示に従っていただくように なります。  また、悪天候が続き滞在中、飛行が出来ない
 場合は催行されません。
 その場合、ヘリコプター飛行代のみご返金致します。
※ハープシールの赤ちゃんを観察するヘリツアーは、海氷の状態がヘリコプターが着陸できる
 十分な状態でない場合は、日本出発直前でも催行会社の判断でツアーの催行が中止となる
 場合があります。 その場合、マドレーヌ島のツアー代金はご返金いたします。 
 尚、マドレーヌ島以外のホテルに対しては、規定の取消料がかかります。
 また、お客様の方でお取り頂く航空券にかかる取消料は、お客様負担となります。
 こちらのツアーは、気象状況に左右されるツアーであることをご理解いただき、ご参加下さい。 ※ベッド数の保証はありません。
 トリプルご利用の場合は簡易ベッドの利用となりますが、ホテルの都合により搬入されない
 場合があります。
 また、2名様でもベッドシェアーの場合がございます。
※相部屋のご希望はお受けできませんので、ご了承下さい。
※航空券は料金に含まれておりません。 ※飛行機に搭乗される場合、写真付の身分証明書
 (パスポートなど)が必要になります。
※フライトの遅延などについては一切責任を負いかねますのでご了承下さい。
 遅延に伴い不催行になったサービスに対しての補償や払い戻しは致しかねます。
※天候や道路事情などにより、止むを得ず行程を変更したりする場合もございます。
 その場合でも返金等は致しかねますので、ご了承下さい。 ※お客様の責任により防寒具に
 損害などが発生した場合、必要な修理費をお支払いいただくか、後日クレジットカードに
 請求されることがあります。
※オプショナルツアーは、現地でお申し込みいただくことも可能ですが、定員を超えた場合は
 締め切りとなりますので、ご予約の時点でお申し込みいただくことをお進めします。
※延泊をご希望の場合はお問合せ下さい。 ※昼食、夕食をご希望の方はお問合せ下さい。

■□現地催行会社のアザラシツアーの最終日は、3月9日を予定しています。





電話でのお問合せは・・・・080−5028−6007 まで